News release

物流プラットフォームのオープンロジ SaaS型クラウドファンディング・ECサイト構築プラットフォームを提供するRelicと協業 〜物流面での海外からのクラウドファンディングをサポート〜

2020年8月26日

物流プラットフォームのオープンロジ SaaS型クラウドファンディング・ECサイト構築プラットフォームを提供するRelicと協業 〜物流面での海外からのクラウドファンディングをサポート〜

  物流プラットフォームを運営する株式会社オープンロジ(本社:東京都豊島区、代表取締役CEO:伊藤秀嗣、以下オープンロジ)は、荷主・倉庫会社・物流会社をネットワーク化し、個別見積もり不要・従量課金で利用可能な物流Eコマースサービスを日本で初めて提供した会社です。
この度、SaaS型クラウドファンディング構築サービス「CROWDFUNDING NETWORK Powered by ENjiNE(以下、ENjiNE)」を提供している株式会社Relic(東京都渋谷区、代表取締役CEO:北嶋貴朗、以下、Relic)と協業を開始します。
今後、「越境購入型クラウドファンディング/越境EC」(本サービス)を行う事業者の商品を海外にお届けするにあたり、オープンロジは倉庫での梱包・海外配送キャリアへの手配など、物流面で海外向けクラウドファンディングを支援します。

■協業の経緯・背景

オープンロジは、各海外配送キャリアとの連携を進め、越境EC事業を物流面から強力にサポートするとともに、海外向けマーケティング支援企業との協業により、越境ECにおける販売~物流までを支援するためのワンストップサービスも展開しています(2020年7月末現在までに提携している海外配送キャリア5社:ECMS、DHLエクスプレス、日本郵便(EMS・国際eパケット)、バイ・アンド・シップ、4PX ✴︎五十音順)。

今回、Relicと協業をする事で、今まで培ってきた海外配送のノウハウを元に本サービスに挑戦する国内の事業者と海外サポーターを物流面で繋ぐ役割を担っていけるようにサービスを展開していきます。
 プレスリリースはこちらです。

■株式会社Relic 会社概要

 株式会社Relicは、日本企業の新規事業開発やイノベーション創出を支援する「事業共創カンパニー」です。1,200社以上が利用する国内シェアNo.1のSaaS型イノベーションマネジメント・プラットフォーム「Throttle」や、国内シェアNo.1のSaaS型クラウドファンディング構築サービス「ENjiNE」、顧客のロイヤリティを向上し、事業のグロースをマネジメントする次世代型マーケティングオートメーション/CRM「Booster」等の「インキュベーションテック事業」に加え、新規事業開発における事業プロデュースやコンサルティング、オープンイノベーション支援、新規事業創出プログラムや社内ベンチャー制度の企画・設計・運営や、事業開発に特化した共創型エンジニアリングサービス「Digital Innovation Studio」など総合的なソリューションを提供しており、大企業~中小・ベンチャー企業まで既に業界トップクラスである1,500社以上の支援実績があります。

会社名    :株式会社Relic
設立年月日  : 2015年8月
所在地    : 東京都渋谷区恵比寿4-20-3 恵比寿ガーデンプレイス タワー8F
代表取締役CEO: 北嶋 貴朗
事業内容   : SaaS型プラットフォーム、マーケティングオートメーションツール提供、コンサルティング業務
URL     :https://relic.co.jp

■株式会社オープンロジ 会社概要

 オープンロジは荷主・倉庫会社・物流会社をネットワーク化し、個別見積もり不要・従量課金で利用可能な物流Eコマースサービスを日本で初めて提供した会社です。急成長するD2C企業など含むEC企業を中心に現在7,000社以上に登録いただいています。

会社名    :株式会社オープンロジ
設立年月日  : 2013年12月25日
所在地    : 東京都豊島区東池袋1-34-5 いちご東池袋ビル 9階
代表取締役CEO: 伊藤 秀嗣
事業内容   : 物流プラットフォームの運営
URL     :https://openlogi.com

< 報道に関するお問い合わせ先 >

株式会社オープンロジ 広報担当: 竹内

Tel : 03-6369-9331
Mail : pr@openlogi.com